人気ブログランキング |
ブログトップ

趣味と仕事とワシと家庭

gelgoog.exblog.jp

プラモ、パソコン、その他

タグ:旧キット ( 2 ) タグの人気記事

キャラコレ 1/20 セイラ・マス

エイプリルフールのネタを前日に閃いて、突貫で作成しました。
結果、全然ウケませんでした。
b0063170_23101794.jpg
b0063170_23101779.jpg

”機動戦士ガンダム 第38話より 金塊を手に下船するセイラ・マスです。
兄に促され下船を決意したセイラに当時のファンは賛否両論!
こぼれ落ちる金塊を奪い合うカイとハヤトも印象的で、ここまで人間は金で醜くなるものなのかと子供心に哀しくなりました。
その後、金塊で開発したGアーマーで復帰する胸熱展開は、とても驚きましたね。
劇場版ではコアブースターの開発になっていたのも驚きでした。


b0063170_23133554.jpg

キットはキャラコレのクリア版セイラをアクリルガッシュで塗装しています。
アタッシュケースはプラバンの箱組です。”


初めて水パレットを使ってみましたが、とてもいい!

塗料がいつまでも固まらずに、一日安定して塗ることができました。

キッチンペーパーを濡らすだけの手軽さもいいですね。



by joehigasi | 2019-04-01 23:14 | ガンダム | Comments(0)
百式をアニメ調に塗ったら面白いんじゃないか。

そう思い立ちメッキされていない旧キット百式を作り始めた。
それが3年前。
しかしどう塗ればいいのかさっぱりわからなかった。
全体を白く塗り、ハイライト部分をマスキングゾルでマスクしてから黄色を塗ればいいのかな?
やってみよう。
まずマスキングゾルが綺麗に濡れない。しかも剥がれない。

はいヤメー。

そうして長らく放置している間に、いろいろと情報が入って、なるほどアクリルガッシュがいいのか、境界線は筆ペンやミリペン、時には鉛筆を使うのか。なるほどなと、ゼータやガンタンクを経てようやっと百式を完成することができた。むむむ式、二次元模型、イラスト風模型です。
b0063170_09300758.jpg
旧キットなだけあって、関節をハメたり動かすとギギギと嫌な音をたて、時には合わせ目からパッカーンして泣いてしまう。よって動くけど固定モデル。ヤバイ。
b0063170_09074102.jpg
設定画からして腰の短いデザインなのがあんまりなので、股間ケースと前垂れを2mm程下に下げる。そして股間ケースを3mm程厚みを増してモッコリさせた。首関節を2mm程前に移設して、下を向けるように。ビームライフルの動力パイプは一度切り離して真鍮線で再接続。あとは各所後ハメ加工。
b0063170_09073723.jpg
アクリルガッシュの塗膜はボコボコだ。だからデカールが使えない。いや使えるかもしれないが試していない。肩の百は手書き。一発で書くには字が下手過ぎるので、デカールを下地に透明プラバンを切り抜きテンプレートとした。うまくいった。
b0063170_09072013.jpg
金ぴかボディが主役なので、それ以外の胸やビームライフル、バックパックは地味目に。
b0063170_09071670.jpg
軟質パーツの赤いチューブはミッチャクロンを塗布してみた。たぶん塗膜は強くなっているハズ。ミッチャクロンすごい臭い。
b0063170_09071488.jpg
筆ペンはとても塗りやすい。エッジにも平面にもマットな黒を提供してくれる。でも写真に撮ると白く光ってしまうことがある。だから可能なところはアクリルガッシュでエッジを描いている。ムズい。
b0063170_09071155.jpg
ミリペンとアクリルガッシュの相性は最悪だ。ミリペンがすぐに目詰まりを起こす。すぐかけなくなる。どうにか解消できないものか。
b0063170_09070898.jpg
アクリルガッシュは塗膜が弱い。ちょっとこするとすぐハゲる。仕上げにマットバーニッシュをスプレー。強い。
b0063170_09070598.jpg
いつもは光源を意識して塗るが、百式のぴかぴかボディに影は似合わないと思い影無し。あえてね。
b0063170_09070344.jpg
金ぴかの塗りかたは設定画、月間ニュータイプ、劇中描写、作例などとにらめっこ。薄い板金を貼った時のたわみを意識してみた。
b0063170_09070027.jpg
展示会かなにかで皆に見てもらいたいな。
b0063170_09065665.jpg

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
by joehigasi | 2018-07-16 09:53 | プラモ | Comments(0)