人気ブログランキング |
ブログトップ

趣味と仕事とワシと家庭

gelgoog.exblog.jp

プラモ、パソコン、その他

<   2019年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マイクロスケールのファッティとアストラッドを小瓶に詰め込んでボトルシップ風にしてみました。
アストラッドは塗装済み品、ファッティは未塗装品を使いました。
b0063170_21203334.jpg
瓶に入るサイズに小分けにして、瓶の中で組み立てます。
ピンセットを使い瓶に入れ、エポキシ接着剤で固定します。
b0063170_21203430.jpg
瓶の底は球形に膨らんでいるので、位置決めがなかなか難しかったです。
b0063170_21203494.jpg
アストラッドがそのままでは斜めに配置されるので、車体の腹にプラ板で足を作成。
目分量で瓶の斜めに合わせるように削ったが、全然合わなかった。
b0063170_21203326.jpg
ファッティは斜めに立たせるために前傾姿勢とした。
瓶を斜めに配置してそこにファッティを立たせて、接着剤で固定した。
b0063170_21203438.jpg
b0063170_21203535.jpg
b0063170_21203599.jpg
最後に鉄道模型用サンドを敷き詰めて完成です。
b0063170_21203546.jpg

瓶の内壁に白い結晶状の汚れが発生。

b0063170_21203622.jpg
もしかしてエポキシ接着剤の揮発が影響している?
別の接着剤を模索しなければ…



by joehigasi | 2019-04-07 21:24 | ボトルガンダム | Comments(0)
下にはみ出したセンサ基板を保護するため、過去にプラ棒で対策をした。
しかしながらプラ棒の高さぶん筐体が斜めなることと、プラ棒が中央寄り配置のためクリック時に力を入れると傾いてしまう問題があった。
そこで全体をかさ上げするベースをMDFで作成した。
b0063170_13310970.jpg
筐体が載るサイズにMDFを切り出し、センサ基板部分にホールソーで30mmの穴をあけた。
位置を固定するためにねじ穴箇所に3mmのプラ棒を立てる。ねじ穴は約4.5mmで工作精度の低さと遊びの必要性、持っている丸棒の径で3mmとした。結果、前後に動くので3.5mm程の径がよさそうだ。

b0063170_13310962.jpg
b0063170_13310935.jpg
大変具合がよい。
完成して気が付いたが、電池BOXも載るサイズにMDFを切り出せばよかった。



by joehigasi | 2019-04-07 09:51 | トラックボール | Comments(0)
キャラコレ 1/20 セイラ・マス

エイプリルフールのネタを前日に閃いて、突貫で作成しました。
結果、全然ウケませんでした。
b0063170_23101794.jpg
b0063170_23101779.jpg

”機動戦士ガンダム 第38話より 金塊を手に下船するセイラ・マスです。
兄に促され下船を決意したセイラに当時のファンは賛否両論!
こぼれ落ちる金塊を奪い合うカイとハヤトも印象的で、ここまで人間は金で醜くなるものなのかと子供心に哀しくなりました。
その後、金塊で開発したGアーマーで復帰する胸熱展開は、とても驚きましたね。
劇場版ではコアブースターの開発になっていたのも驚きでした。


b0063170_23133554.jpg

キットはキャラコレのクリア版セイラをアクリルガッシュで塗装しています。
アタッシュケースはプラバンの箱組です。”


初めて水パレットを使ってみましたが、とてもいい!

塗料がいつまでも固まらずに、一日安定して塗ることができました。

キッチンペーパーを濡らすだけの手軽さもいいですね。



by joehigasi | 2019-04-01 23:14 | ガンダム | Comments(0)
メカコレ 宇宙戦艦ヤマト2199のボトルシップです。
キット発売時に手に入れて即作り始めましたが、トラブルで数年放置していました。
エンジンノズルと船体との接続に磁石を採用しましたが、接続の段階で磁石が脱落!
船体は瓶の中、リカバリーを試みるもピンセットも届かず竹ひごも力が入らずつかめず万事休す。
やる気を失ってつい最近まで棚の肥やしとなっていました。

で、ある日突然閃いて&やる気がもりもり出て(なぜか)エンジンノズルにリベンジ!
「両面テープ~」
と、秘伝の技を繰り出し粘着力でノズルをつかみ、ボトルを逆さにして下から攻める。
地球の重力の力も借り、無事エンジンノズルは船体とつながりました。
b0063170_22560680.jpg
数年ぶりにつながったエンジンノズル
b0063170_22562717.jpg
あとはこれだけ
b0063170_22562828.jpg
おっと、煙突パーツがずれてしまった
b0063170_22562620.jpg
完成~
b0063170_22552536.jpg
b0063170_22553664.jpg
b0063170_22553149.jpg
b0063170_22553968.jpg
b0063170_22554255.jpg
当時と現在での悪戦苦闘により、瓶の中は接着剤があちこちに張り付き、瓶の首は白くなり、第三艦橋付近は瞬着の白化。
散々な出来となってしまいましたが、完成できたことに安堵です。

さて、このキット。瓶の口のサイズとほぼほぼ同じです。ガラス瓶ではちょっとヤスる必要がありますが、ペットボトルであれば素材の厚み分、内径が大きいので先のエンジンノズルもつけた状態でそのまま入ってしまうでしょう。
あとは、艦橋と第三艦橋を瓶の中で取り付ければ完成となるので、比較的容易に楽しめるかと。
ヤマト2202も同様だと思います。

ボトルシップデビューしてみませんか?

おまけ
アンドロメダがバンザイマークだった。
b0063170_22565407.jpg
箱の中の虫の死骸。何十年前のミイラなんだろう。
b0063170_22565491.jpg
この刻印がたまらない。
b0063170_22565446.jpg

by joehigasi | 2019-04-01 23:04 | ボトルシップ | Comments(0)