人気ブログランキング |
ブログトップ

趣味と仕事とワシと家庭

gelgoog.exblog.jp

プラモ、パソコン、その他

カテゴリ:ボトルシップ( 2 )

メカコレ 宇宙戦艦ヤマト2199のボトルシップです。
キット発売時に手に入れて即作り始めましたが、トラブルで数年放置していました。
エンジンノズルと船体との接続に磁石を採用しましたが、接続の段階で磁石が脱落!
船体は瓶の中、リカバリーを試みるもピンセットも届かず竹ひごも力が入らずつかめず万事休す。
やる気を失ってつい最近まで棚の肥やしとなっていました。

で、ある日突然閃いて&やる気がもりもり出て(なぜか)エンジンノズルにリベンジ!
「両面テープ~」
と、秘伝の技を繰り出し粘着力でノズルをつかみ、ボトルを逆さにして下から攻める。
地球の重力の力も借り、無事エンジンノズルは船体とつながりました。
b0063170_22560680.jpg
数年ぶりにつながったエンジンノズル
b0063170_22562717.jpg
あとはこれだけ
b0063170_22562828.jpg
おっと、煙突パーツがずれてしまった
b0063170_22562620.jpg
完成~
b0063170_22552536.jpg
b0063170_22553664.jpg
b0063170_22553149.jpg
b0063170_22553968.jpg
b0063170_22554255.jpg
当時と現在での悪戦苦闘により、瓶の中は接着剤があちこちに張り付き、瓶の首は白くなり、第三艦橋付近は瞬着の白化。
散々な出来となってしまいましたが、完成できたことに安堵です。

さて、このキット。瓶の口のサイズとほぼほぼ同じです。ガラス瓶ではちょっとヤスる必要がありますが、ペットボトルであれば素材の厚み分、内径が大きいので先のエンジンノズルもつけた状態でそのまま入ってしまうでしょう。
あとは、艦橋と第三艦橋を瓶の中で取り付ければ完成となるので、比較的容易に楽しめるかと。
ヤマト2202も同様だと思います。

ボトルシップデビューしてみませんか?

おまけ
アンドロメダがバンザイマークだった。
b0063170_22565407.jpg
箱の中の虫の死骸。何十年前のミイラなんだろう。
b0063170_22565491.jpg
この刻印がたまらない。
b0063170_22565446.jpg

by joehigasi | 2019-04-01 23:04 | ボトルシップ | Comments(0)
1/20000 SDF-1マクロス要塞艦のボトルシップです。
b0063170_13075411.jpg
ブリタイ艦やカムジン艦に付属のちっちゃいマクロスですね。
b0063170_13040283.jpg
うすめ液の瓶に入れてみました。
b0063170_13040369.jpg
このキットには艦橋がないのでプラ棒から作ります。
b0063170_13040434.jpg
主砲先端のトゲトゲも追加しました。
b0063170_13043326.jpg
艦橋の頭のハチマキを塗り忘れたことに完成後気が付きました。どうにもできません。
b0063170_13260542.jpg
b0063170_13043245.jpg
このように立てて収納できるので便利です。
b0063170_13051985.jpg
隣のコーヒーのペットボトルにラーカイラムを入れました。後ろの強行型はいつか作る。きっと。
by joehigasi | 2018-12-02 13:14 | ボトルシップ | Comments(0)