人気ブログランキング |
ブログトップ

趣味と仕事とワシと家庭

gelgoog.exblog.jp

プラモ、パソコン、その他

斜め上を行くCPUクーラー「刀」

最近、斜めに本体が傾いたCPUクーラーがアキバにお目見えした。
なんともヘンテコなものを作るなぁと感じていたが、どうもなかなか考えられたもののようだ。

このクーラーはCPUソケットに対して4方向どちらでも取り付けられるようになっている。

なので、ソケット周りのコンデンサ類とクーラーの干渉が避けられる。
まぁ見た限り、フィンは相当上から生えているので普通でも大丈夫だ。

背の低いキューブ系のケースでもヒートパイプも全長が長く取れる。
まぁ、そんなケースは中身ギッチリなので横方向で干渉して入らないだろう。

ファンも斜めに取り付けられるので、VRM等発熱体にも風を当てられる。
そんなことしたら風の流れが悪くなっちゃうじゃん。

と、まぁメリットなのかデメリットなのかよくわからない考察になっちゃた、最後にものすごい発見をした。

タワー型ケースでもボトムヒートにできる。

いままでのヒートパイプを使ったCPUクーラーは、ソケットに対してヒートパイプは水平か垂直
に延びている。
するとタワー型では、水平ヒートとなるか、片側はトップヒートその反対はボトムヒートとなるものばかり。
刀であれば4方向どちらの向きでも取り付けられるので、ボトムヒートが可能となる。
ボトムヒートが良い理由はここらへん参照。

ただし、クーラーも上方+ちょっと斜め向きになるので良く冷えるかどうかは謎。
by joehigasi | 2005-06-29 21:10 | PC | Comments(0)