ブログトップ

趣味と仕事とワシと家庭

gelgoog.exblog.jp

プラモ、パソコン、その他

ゲームアーツのシューティングゲーム、シルフィードより。
PC-8801mk2SR版のオープニングのワイヤーフレームで描かれたシルフィードを1/100で立体化しました。
b0063170_15104662.jpg
まずはyoutubeからOPシーンを繰り返し見て目コピ。図面に書き起こします。しかもアナログで。
あとは図面通りに1mmプラ棒を切って瞬着でくっつけるという地道な作業。

ワイヤーフレームはポリゴンではないので、ほんとに線だけ。キャノピーや主翼は何処にも繋がっていない。立体化するのにどう折り合いをつけるか苦心した。
箱状の箇所もあるべき支柱がないので、完成しても強度な無く触るのも慎重さが必要。
b0063170_15131033.jpg
使用マテリアルは、プラ棒、瞬着、硬化促進剤、缶スプレー。すべてタミヤ。
だからシルフィードはタミヤのキットだね。
b0063170_14530551.jpg
地面のマトリックスはOPの機体紹介画面のイメージ。
黒厚紙にボールペンで2cm間隔で線を引きました。
b0063170_15185040.jpg
b0063170_15252957.jpg
滑走路はそのまま作ると超絶デカいのでパースをつけて作成。
b0063170_15024888.jpg
同じ1/100MGガンダムと大きさ比較。
b0063170_14492219.jpg
初めてのストップモーション。使用アプリはStopMotion。私にはこれが限界だ。

最後に、制作過程を。
b0063170_14530532.jpg
b0063170_15144677.jpg
b0063170_14530507.jpg
スイカバーに続く第二弾のフルスクラッチとなりました。




[PR]
# by joehigasi | 2018-12-02 18:00 | PC | Trackback | Comments(0)
1/20000 SDF-1マクロス要塞艦のボトルシップです。
b0063170_13075411.jpg
ブリタイ艦やカムジン艦に付属のちっちゃいマクロスですね。
b0063170_13040283.jpg
うすめ液の瓶に入れてみました。
b0063170_13040369.jpg
このキットには艦橋がないのでプラ棒から作ります。
b0063170_13040434.jpg
主砲先端のトゲトゲも追加しました。
b0063170_13043326.jpg
艦橋の頭のハチマキを塗り忘れたことに完成後気が付きました。どうにもできません。
b0063170_13260542.jpg
b0063170_13043245.jpg
このように立てて収納できるので便利です。
b0063170_13051985.jpg
隣のコーヒーのペットボトルにラーカイラムを入れました。後ろの強行型はいつか作る。きっと。
[PR]
# by joehigasi | 2018-12-02 13:14 | ボトルシップ | Trackback | Comments(0)
b0063170_13251969.jpg
ガンダム名鑑ガムのラーカイラムをボトルシップにしました。
b0063170_11183193.jpg
ボトルはペットボトルでお手軽に。パネルラインはシャーペンで描きました。
b0063170_11183648.jpg
ペットボトルとラーカイラムの全長を比べて、いけると思ったのですが、底が盛り上がっていることを失念。
艦尾がボトルの首に差し掛かっているので、エンジンを差し込むのに一苦労。艦首がギリ底に当たらないクリアランスでなんとか収めることができました。
b0063170_11183995.jpg
ペットボトルは傷が付かないように、ラベルを付けたままある程度作業するのですが、ラベルを剥がしてみると既に傷だらけでした。
b0063170_11183995.jpg
船体はすでにボトルの中。私も傷心。
b0063170_11184203.jpg
SF艦船の中で一番好きな船です。小スケールでもキット化されたのはうれしいですね。

昔作ったラストシューティングをついでにメンテナンス。
ボトルの蓋にジオングの頭を入れました。
b0063170_11190832.jpg
b0063170_11204574.jpg
頭の無いジオングはどこか寂しそうです。
b0063170_11191208.jpg

[PR]
# by joehigasi | 2018-12-02 11:26 | ボトルガンダム | Trackback | Comments(0)
百式をアニメ調に塗ったら面白いんじゃないか。

そう思い立ちメッキされていない旧キット百式を作り始めた。
それが3年前。
しかしどう塗ればいいのかさっぱりわからなかった。
全体を白く塗り、ハイライト部分をマスキングゾルでマスクしてから黄色を塗ればいいのかな?
やってみよう。
まずマスキングゾルが綺麗に濡れない。しかも剥がれない。

はいヤメー。

そうして長らく放置している間に、いろいろと情報が入って、なるほどアクリルガッシュがいいのか、境界線は筆ペンやミリペン、時には鉛筆を使うのか。なるほどなと、ゼータやガンタンクを経てようやっと百式を完成することができた。むむむ式、二次元模型、イラスト風模型です。
b0063170_09300758.jpg
旧キットなだけあって、関節をハメたり動かすとギギギと嫌な音をたて、時には合わせ目からパッカーンして泣いてしまう。よって動くけど固定モデル。ヤバイ。
b0063170_09074102.jpg
設定画からして腰の短いデザインなのがあんまりなので、股間ケースと前垂れを2mm程下に下げる。そして股間ケースを3mm程厚みを増してモッコリさせた。首関節を2mm程前に移設して、下を向けるように。ビームライフルの動力パイプは一度切り離して真鍮線で再接続。あとは各所後ハメ加工。
b0063170_09073723.jpg
アクリルガッシュの塗膜はボコボコだ。だからデカールが使えない。いや使えるかもしれないが試していない。肩の百は手書き。一発で書くには字が下手過ぎるので、デカールを下地に透明プラバンを切り抜きテンプレートとした。うまくいった。
b0063170_09072013.jpg
金ぴかボディが主役なので、それ以外の胸やビームライフル、バックパックは地味目に。
b0063170_09071670.jpg
軟質パーツの赤いチューブはミッチャクロンを塗布してみた。たぶん塗膜は強くなっているハズ。ミッチャクロンすごい臭い。
b0063170_09071488.jpg
筆ペンはとても塗りやすい。エッジにも平面にもマットな黒を提供してくれる。でも写真に撮ると白く光ってしまうことがある。だから可能なところはアクリルガッシュでエッジを描いている。ムズい。
b0063170_09071155.jpg
ミリペンとアクリルガッシュの相性は最悪だ。ミリペンがすぐに目詰まりを起こす。すぐかけなくなる。どうにか解消できないものか。
b0063170_09070898.jpg
アクリルガッシュは塗膜が弱い。ちょっとこするとすぐハゲる。仕上げにマットバーニッシュをスプレー。強い。
b0063170_09070598.jpg
いつもは光源を意識して塗るが、百式のぴかぴかボディに影は似合わないと思い影無し。あえてね。
b0063170_09070344.jpg
金ぴかの塗りかたは設定画、月間ニュータイプ、劇中描写、作例などとにらめっこ。薄い板金を貼った時のたわみを意識してみた。
b0063170_09070027.jpg
展示会かなにかで皆に見てもらいたいな。
b0063170_09065665.jpg

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
[PR]
# by joehigasi | 2018-07-16 09:53 | プラモ | Trackback | Comments(0)
ついったの#GW旧キットゲリラコンペに参加しました。
今回は背景作りにもチャレンジ。
オープニングの、イメージに近づけたのではないかと思います。
b0063170_22020065.jpg
b0063170_22022337.jpg
b0063170_20473191.jpg
b0063170_20474305.jpg
b0063170_01003616.jpg

b0063170_20480826.jpg
b0063170_20483336.jpg
b0063170_20485416.jpg
b0063170_20490683.jpg
b0063170_20492009.jpg


[PR]
# by joehigasi | 2018-05-05 21:58 | ガンダム | Trackback | Comments(0)