ブログトップ

趣味と仕事とワシと家庭

gelgoog.exblog.jp

ガンダムとスマホと42歳

カテゴリ:ボトルガンダム( 46 )

ガウ攻撃空母付属のザクを改造して作った旧ザク。
頭もトサカまで作ったけど瓶に入れるとやっぱり見えない。
b0063170_17510691.jpg

[PR]
by joehigasi | 2016-10-18 17:51 | ボトルガンダム | Comments(0)
b0063170_1234763.jpg

素組状態。スタンド底部は瓶に沿う形状に新造しています。

b0063170_1235058.jpg

ディティールアップして軽くサフを拭いた状態。
主砲の開口。艦橋にゴチャメカ。カタパルトの作り直し。船体前後へのアンテナ取り付けなどやっています。

b0063170_124397.jpg

サフ吹き中。串の土台にエアコンパテを使っています。
安くてねばりがあって、クサくなくておすすめです。

b0063170_1242859.jpg

塗装完了。ガイアカラー白をプロスプレーで、黄色はタミヤスプレー、その他は筆塗りです。
b0063170_1245095.jpg

エンジンサイドの黒線は油性マジックで描きました。

b0063170_1243563.jpg

色を乗せて初めてわかった、ブライトさんの造形の良さ。
もっと上手に塗れるようになりたい。

b0063170_124448.jpg

船体とカタパルトデッキの接続にネオジム磁石を使いました。

磁力の強さは動画で
-Youtube-


ボトルに入れる前の分解の様子も動画にしました。
ボトルで組み立てる工程を最小にするために、ボトルの口から入るサイズとしています。
-Youtube-

[PR]
by joehigasi | 2012-06-02 01:34 | ボトルガンダム | Comments(0)
電撃ガンプラ王2012で一次審査通過したボトルシップ アーガマです。

今回、左右カタパルトと船体をネオジム磁石で接続するようにしました。
また、アーガマの土台にも磁石を取り付け、瓶の外の磁石とガラス面をはさんで固定しています。
これで、瓶内での組み立てがとても簡単になりました。
b0063170_22565680.jpg

b0063170_22563127.jpg

b0063170_22563035.jpg

b0063170_22563180.jpg

b0063170_22562651.jpg

おまけのブライト艦長、顔の彫りが深くなかなかイケめんです。
小瓶にいれてみましたが、なにやらカミーユのお母さんのようです・・・

b0063170_22572834.jpg

b0063170_22573393.jpg

愛知牧場の牛乳瓶です。もうひとまわり大きい瓶があるようなので、ムサイ用に確保したいところ。

組み立ての模様はビデオで撮影しています。
良かったら観てください。
-ニコニコ動画-

-YouTube-


1/2200のアーガマはAHGAMA、EXモデル(1/1700)のアーガマはARGAMAと綴りが違うのですね。
知ってました?
[PR]
by joehigasi | 2012-05-30 23:11 | ボトルガンダム | Comments(0)
電撃ガンプラ王2012の一次審査通過したボトルキハールです。
ふたばちゃんねるに掲載したときに、ラベルで中身が見えないと指摘を受けたのでそれを改善して応募しました。
ラベルを全部はがすと面白みがなくなるので、ラベル半分を切り取って残ったラベルをセロテープで止めました。
表はパンピーオレンジ、裏でキハールが良く見えます。
b0063170_1128038.jpg

b0063170_11274438.jpg

b0063170_11275260.jpg


ラベルを剥いで気が付きましたが、ペットボトルに傷がついていました。
ペットボトルは傷がつきやすいんですね。

b0063170_11284160.jpg

完成図のみだと、底を切ったとかインチキしたと勘ぐられると思ったので作成中の画も応募しました。

ガンプラ王のサイトだと画像が小さいので、気になる作品も良く見えないのが残念ですね。
[PR]
by joehigasi | 2012-05-27 11:35 | ボトルガンダム | Comments(0)
b0063170_233971.jpg

味の素の瓶にホワイトベースを入れてみました。
日本を代表する調味料と艦船の組み合わせです。
b0063170_2331713.jpg

気がつけばホワイトベースによるボトルシップを三隻も作っていました。
そんなにホワイトベース好きなのでしょうか。いや、きっとボトルシップ向きなのでしょう。
b0063170_2332027.jpg

この味の素の瓶ですが、最近はパンダの柄に変更になっているのですね。
b0063170_2332244.jpg

今回は瓶の内径と船の全長を見誤って、瓶に収まらないことを組み立て中に気がつき、
真っ青になりましたが、すったもんだのすえなんとか入れられました。
b0063170_2332567.jpg

次回はもう少し大きなサイズに挑戦しようと思います。
[PR]
by joehigasi | 2012-03-11 23:11 | ボトルガンダム | Comments(0)
b0063170_1715728.jpg

手軽な材料としてペットボトルを初めて使ってボトルガンダムを作成しました。
中身は電撃ホビー付録の1/400キハールです。
ペットボトルのラベルを剥けば中身がきれいに見えますが、もったいないのでそのままにしています。
b0063170_172892.jpg

キャップにアクセントとしてアッシマーのMA形態をあしらいました。
b0063170_1721644.jpg

キットのまま作成すると横方向に長いため瓶に入りません。
ビームライフルを肩に担う様に変更。シッポを中程から可動できるように分割しました。
b0063170_1721998.jpg

続いて、瓶に入れやすく組み立てやすくかつパーツ数を減らすように分割方法を変更。
背中と胸、腰を切り離し、背中と胸に磁石を埋め込み。
背中のプロペラントタンクを切り離し、腰に接着しました。
これで、15パーツになりました。
b0063170_1722473.jpg

瓶の口からみた様子。
これを見た人に、「こんなんムリ」と思わせたら勝ちです。
b0063170_1721335.jpg

今回利用した工具類。
硬化時間が読めるようになったので、今回から瞬着を利用して組み立て時間を短縮しました。
組み立ては1時間ほど。
腰部を中心にプロペラント3本を組み立てることで三脚状となり安定した状態で上半身を組み立てられます。
よって、プロペラントを組み立てるのに一番苦労しました。
[PR]
by joehigasi | 2012-03-11 17:23 | ボトルガンダム | Comments(0)
fg用に写真を取り直した。
白い被写体には黒バックですね。
b0063170_22252251.jpg
b0063170_22253963.jpg
b0063170_2226143.jpg
b0063170_22263150.jpg
作成中のワンショット。確かに中で組み立ててます。
b0063170_10153952.jpg

[PR]
by joehigasi | 2011-12-04 22:29 | ボトルガンダム | Comments(0)
今回はボトル内部での組み立てやすさに腐心しました。
ランナー状態で多数あるパーツを瓶の口に入るサイズで組み立て、10パーツにしました。
内訳は、艦橋、船体、船底、エンジン接続部、主翼x2、エンジンx2、カタパルトデッキx2です。
また、手が届かないところなので、組み立てやすさ、接着方法にも工夫をしました。
b0063170_127620.jpg
主翼を取り付けたWBの全幅は瓶のサイズより左右に大きいのでふたまわり小型化しました。
b0063170_127662.jpg
船体に差し込み易く抜けにくい様、取り付け部にはプラ棒によるガイドを取り付けています。

取り付け部には穴を空けて、接着剤だまりとしました。瓶の外で接着剤を穴に充填し、船体に
取り付けると毛細管現象により接着剤が行き渡ることを狙っています。他のパーツにも同じ加工を
しています。

瓶の左右幅はエンジン水平尾翼の翼端間の幅が納まるサイズでしたが、組み立てスペースを持つ
ためにエンジンの水平尾翼も翼端を数mm削っています。

カタパルトデッキには、側面の黄色いメガ粒子砲格納部を下方向に取り付け穴ひとつ分下げて
接着しています。こうすることで瓶の口をギリギリ通るサイズとなりました。
デッキ後方の見えにくい部分に穴を空けて、針金が通せるようにしています。これは、瓶の奥にパーツ
を持っていくための冶具を差し込む用です。

b0063170_127431.jpg
艦橋はキットのままだと船体への位置決めが非常に難しいため、プラ棒による差込み方式に変更
しました。船体側へプラ棒を差す穴を空け、位置決め様に角プラ棒を配置しました。プラ棒も穴に入れ
やすい様に先端を細くします。接着剤はプラ棒に塗布します。


艦橋上方のアンテナは瓶内で組み立て中の破損を恐れて無しにしています。
b0063170_127622.jpg
船底はエンジン接続部と一体となるパーツ構成です。一番最初に瓶に入れ基部となるパーツなので、
パテを充填して重くすることで瓶内で動き回ることを抑制します。
(が、ぜんぜん重くなりませんでした)

b0063170_127121.jpg

b0063170_127061.jpg

船体と船底は艦橋と同じくプラ棒接続とし、エンジン接続部もプラ棒を貫通します。
船底とエンジン接続部を組み立てた状態では瓶の口を通らないため、エンジン接続部をプラ棒を軸に回転させて瓶の口を通過させ、瓶内部で元の位置に戻します。

この意図通りだと全部で9パーツだったのですが、瓶内部で元の位置に戻す作業が瓶の内部でパーツが
コロコロと移動して困難だったため、断念して10パーツとなりました。

瓶内部でのWBの方向は、船首がボトルの底を向いている”入船型”としています。
船首がボトルの口を向いている”出船型”ではWBが傾いてしまうのです。
何故か。
”出船型”では瓶の肩部分(瓶の口に向かって絞られている箇所)にカタパルトデッキの底面が接するので
傾きます。対して”入船型”ではエンジンノズル(赤い部分)の下側にはスペースが存在するので肩部分への
接触を回避できるのです。
ただ、その思考結果をスッカリ忘れて工作したおかげで、船底に消しゴムによるゲタを履かせるハメになり
意味の無い”入船型”となっています。
その工作は、エンジンを上下逆に取り付けるというものです。元々のデザインだとエンジンノズル上部に白い
部分の延長があり腰高感がありますが、上下逆に取り付けると白い部分が下にくるため安定感を出せるのです。
その時はカッコイーと思って工作を進めて、いよいよ瓶詰めという時に過ちに気が付いて途方にくれました。

瓶に詰める作業は4時間ほどかかりましたが、実質作業時間は1時間ほどで、大半は接着剤の硬化待ちです。
瞬間接着剤を使用すればサクサク進んだはずですが、接着剤を塗布してから組み立て完了までの時間が
読めなかったので、通常の接着剤としています。


b0063170_127569.jpg

瓶内部での工作中はパーツが動かないように消しゴムを挿入しています。この方法をの前にBB弾を敷き詰める方法をチャレンジしてみましたが、BB弾がつるつるでまったく動きを制限できなかったのでやめました。

作業の模様はビデオで撮影しています。
高速再生で7分強にまとめた動画を以下にアップしています。(どちらも同じ内容)
ちょっと長いですが、良かったら観てください。
-ニコニコ動画-

-YouTube-

[PR]
by joehigasi | 2011-10-17 01:18 | ボトルガンダム | Comments(0)
色塗り完了
b0063170_1834557.jpg

エンジンブロックは白と赤で塗り分けました。
b0063170_18543562.jpg

たくましい後姿
b0063170_18543967.jpg

で、この瓶に入れます。
b0063170_18544320.jpg

[PR]
by joehigasi | 2011-10-16 18:57 | ボトルガンダム | Comments(0)
色塗り中
b0063170_1101667.jpg

本体のホワイトはプロスプレー塗装(初)。
メガ粒子砲のドームの黄色はスプレー塗装。
その他、赤と青は筆塗り。マスキングがもー大変。
マスキングしても塗料はみ出るし。
[PR]
by joehigasi | 2011-09-17 01:10 | ボトルガンダム | Comments(0)